J-culture

J-cultureサイトをご利用いただきありがとうございます。
ご覧いただいているページのイベントは終了しております。

TATAMI plus+日本伝統文化「魅力」体験イベント

開催期間 2022年4月29日(金)~5月8日(日)の10日間
三重県多気町の商業リゾート施設VISON「ヴィソン」で日本が培ってきた和の伝統技術が体験できる!

このイベントの経緯は 名城大学の建築サークルの学生たちとの交流から始まります。

交流会の中で、自分たちの作品やアイデアを多くの人にみてもらい、そして今後の学びや経験をこれからの建築に生かして欲しいという思いからスタートし、商業リゾート施設VIOSNも企画趣旨に賛同し実現。学生さんの思いやこれからの日本の和文化次世代に紡ぐ思いに多くの企業にもが共感を頂き今回のイベントへとつながりました。

 

- 『TATAMI plus+』Opening Ceremony -

タタミプラスオープニングセレモニー

【開催日】2022年4月29日(祝・金)17:00~18:00
ご挨拶/点灯式/雅楽の演奏

VISON

イベント概要

Event summary

創業115年 畳の老舗 田宮製畳が開催する
「日本伝統文化イベント〝TATAMI plus+〟タタミプラス」

~『TATAMI plus+』とは~

畳の良さを広く普及拡大するにあたり畳独自でのPRではなく、畳を使い異業種と新しい空間や商品提案していくをコンセプトに畳と新たな業種とのコラボチャレンジをすることで改めて畳の良さを認識し使い方を提案していく、がコンセプトです。
畳+学生、畳+和紙、畳+イルミネーションなどのような畳を中心としたプラスαの和の空間の新しい在り方を提案するのが、『TATAMI plus+』です。

イベント開催日程 2022年4月29日(金)~5月8日(日)
時間 展示:9時~20時
ワークショップ:11時~18時
イルミネーション:18時~20時(5/7まで 期間中雨天の場合中止)
開催場所 VISON 食祭広場
〒531-0071 三重県多気郡多気町ヴィソン672-1
(名古屋方面から高速道路をご利用の場合)
紀勢自動車道(伊勢自動車道)「勢和多気インターチェンジ」が最寄りのインターチェンジとなります。
(路線バス・高速バスでのアクセス)
名古屋(名鉄バスセンター)・松阪駅・伊勢神宮・南紀方面からは三重交通バスをご利用ください。

VISONイベントカレンダー

有限会社田宮製畳は名城大学建築サークルと昨年8月からコミュニケーションを取り、和文化の象徴でもある畳の製作現場を訪れ、学生との懇親会を開くなどして、学生への和の深さや良さを伝えてきました。

その中から新しい畳を使った和空間を作ろうとなり学生たちが考える畳を使った空間の企画を学生側から提案し製作に至りました。開催期間中は学生たちが考える畳を使った空間の提案を有限会社田宮製畳が製作し展示と体験ができます。

開催中、有限会社田宮製畳では〝畳をアウトドアで使う〟をコンセプトにヤグラを作り野外に和空間を製作し、これからの畳の在り方を提案します。
その他イベントとして様々な日本が培ってきた伝統技術をワークショップ形式体験できる各ブースを設置し、居合、合気道の実演、雅楽など来場者に楽しんでいただけるプログラムを多数用意しています。

イベントは昼と夜の2部構成で、日中はワークショップ体験と夜は和傘や行燈を使ったイルミネーションを展開します。

昼の部展示イベント

Event

名城大学学生企画展示

名城大学学生企画展示

田宮製畳 野外による和空間展示

田宮製畳 野外和空間展示イメージ

- イベントワークショップ -

昼の部(一部掲載)

い草マット/ミニ行燈レンタル/浴衣/組子/和紙キャラクター製作等、様々な日本の技・文化を楽しく体験でます(有料)
その場で作ったものは持ち帰って普段の生活でも使える仕様になっており想い出のこもったお土産になります。

また若い女性にとっては浴衣を着てのVISON内散策はインスタ映えのするローケーションポイントが多く期待が持てます。

ワークショップイメージ
ワークショップイメージ
ワークショップイメージ

- 居合・合気道実演(5月1日のみ※雨天の場合3日に順延) -

居合の実演は日本刀を使い、実際対象物を斬る様子を実演します。その迫力はサムライ魂を垣間見ることができるのと、同道場での合気道の成り立ちや道理を解説と実演し更に合気道の体験もできるプログラムになっています。

居合
合気道
雅楽

- イルミネーション(イルミネーションは5月7日まで) -

夕暮れ時からはVISONにも日が落ち始めると同時に和紙を使った行燈や和傘を使ったイルミネーションを繰り広げられます。

和紙の行燈は、岐阜県美濃市で毎年行われる〝美濃市あかりアート〟をVISONで繰り広げます。

また和傘は岐阜が日本一の生産量を誇り、本和紙でともされた灯りは心安らぐあかりで夜のVISONをどのように照らすか大きな期待が持てます。

行燈

※イメージ

和傘

※イメージ

また現在風にデザインされた和紙を使ったアート提灯等も販売される予定で、多くのワークショップや景観を楽しめる壮大なイベントになります。出展者及び出展内容は下記の通りです。

【主催者】

『TATAMI plus+』実行委員会

【協賛】

有限会社田宮製畳〝畳〟
ハウスクラフト株式会社〝国産木材体験〟
レンタル着物&フォトスタジオPLUM〝浴衣〟
株式会社林工芸〝提灯〟

【協力】

名城大学 建築サークル〝新しい畳を使った空間創造〟
有限会社笹木木工〝行燈〟
KAKIYA工芸〝組子工芸〟
石川紙業株式会社〝和紙〟
悟道館道場〝居合・合気道〟
美濃市観光協会〝あかりアート
和傘CASA〝和傘〟
雅楽松風会〝雅楽〟
四日市諏訪太鼓龍雅〝和太鼓〟

【後援】

岐阜県
三重県
美濃市観光協会
NPO法人ORGAN